母乳を介するアレルギーについて

 

かわいい、かわいい赤ちゃん!

顔を上げながら一生懸命に母乳を飲む姿に「この子を絶対に幸せにする!」と心で誓うお母さんは多いのではないでしょうか。

母乳には赤ちゃんの細菌やウィルスに対抗するために必要な免疫物資が含まれている一方、母乳にはアレルギー物質が含まれていることがあります。赤ちゃんの具合が突然悪くなり、病院に行ったら「母乳に含まれるアレルギー物質が原因です」とショックな事実を言われることも・・・。

私の母乳で逆に体調を悪くさせていたなんて・・・と落ち込むお母さんのために、母乳とアレルギーの関係について詳しくご紹介いたします!

母乳を通じて出てくるアレルギー成分

母乳は、ママから子どもへの栄養の受け渡し。赤ちゃんは母乳を飲んで、すくすくと成長していきます。

では母乳は何からつくられるかというと、血液から。そして、その血液はお母さんが摂取した食べものから出来ています。お母さんが食事をすると、その栄養の一部は1~5時間後に母乳となるのです。

  • 母乳から出るアレルギー成分では軽症がほとんど

「食物アレルギー」というと卵や小麦が有名なところですが、まだ離乳食期ではない赤ちゃんでも、卵や小麦の成分が混じった母乳を飲むことでアレルギーを発症することがあります。

しかし母乳に含まれるアレルギー物質は、アレルギーを発症する濃度の1/1000程度。そのためアレルギーを起こしたとしても、軽度な症状で済むことがほとんどです。

それでも、アトピー性皮膚炎に悩まされている生後4~5ヶ月の赤ちゃんが、お母さんが卵や小麦を食べることをやめたら症状が改善した・・・というケースは多数報告されているのは事実。

一方、アレルギーの原因は様々なため、赤ちゃんのアレルギー症状が続いたり、定期的に症状が現れる場合は、病院へ赤ちゃんのアレルギー相談に行ってみてください。そこでアレルギー検査等を行い、原因となる食品が見つかれば、母乳育児をしているお母さんは意識して避けることができるでしょう。

赤ちゃんにおいてもアレルギーの原因は一概に「母乳のせい」とは限りません。欧米でのある事例として、お母さんも赤ちゃんもピーナッツを食べていなかったのに、離乳後初めてピーナッツを食べた赤ちゃんがアレルギー症状を発症するという事例がありました。調査の結果、ピーナッツオイルを含んだボディークリームを赤ちゃんに使用していたことが原因だと言われています。このため、アレルギーの原因の特定には専門的な知識が必要です。

アレルギー症状は医師からのお薬の処方やスキンケアで改善することもありますが、食べ物や母乳によるアレルギーが原因であれば、症状の発症と改善が繰り返されてしまいます。医療機関の検査により、ある食べ物が原因と分かった場合、お母さんに対して原因となる食物を摂取しないように指導されることもあります。

かわいい子どものためといえど、育児や家事にバタバタな日々の中で、アレルゲン物質をすべての食べものに対してチェックし続けるのは疲れてしまいますよね・・・。もし医師から原因食物除去を指導されたら、「少しの間だけよ!」と自分を奮い立たせてがんばりましょう!

  • お母さんがアレルゲン物質を摂取したときは

でも、「そうはいっても、少しでも私にできることがあるなら」と赤ちゃんのために頑張ってしまうのが、親心。

卵や小麦などアレルギーの原因となるものは、意外にどんな食品にでも含まれているから大変!パンやクッキー、ハンバーグなど、食べるものを一つひとつチェックするといっても限界がありますよね・・・。

そんなときは、母乳にこだわらず、市販の粉ミルク(すでにアレルギーが判明している場合は アレルギー 用ミルク)で対応してくださいね!

アレルギー物質を抜いた食生活は、栄養不足になる恐れがあるのでご注意ください。栄養が足りないと、お母さん自身の健康に関わるうえ、赤ちゃんもなかなか成長できません。自身の判断だけで除去食をすすめるのではなく、必ずかかりつけのお医者さんと相談しながら 対策をしていきましょう。

主なアレルゲンと注意点

赤ちゃんの食物アレルギーの原因は、主に「卵」、「牛乳」、「小麦」の3種類です。

「授乳中に母親がアレルゲンを抜いた食事をしたから安心」とは一概にいえません。

母乳育児が終わったら、離乳食がはじまります。

赤ちゃんがどのようなものにアレルギーがあるかを知っておくためにも、小さいうちからできるだけ多くの食べものに慣れさせることが重要です。しかし小さいうちに皮膚の状態で気になることがある赤ちゃんは、離乳食開始と同時に食物アレルギーを発症するかもしれません。大事な赤ちゃんを守るためにも、少しでも不安があればアレルギー専門医に診てもらいましょう。

まとめ

母乳は、赤ちゃんとの大事なコミュニケーション。

すくすくと成長を願う一方で、「この子の成長には今この時期、母乳しかない」と、責任感から気が張り詰めてしまうときもあるでしょう。赤ちゃんの健康に気を付けている中、お子さんが皮膚トラブルを発症したならなおさら自分を責めてしまうのではないでしょうか・・・。

もし少しでも不安があれば、かかりつけのお医者さんに相談しながら育児をすすめていきましょう。正確な判断は、医師にしかできません。自己判断をせずに、まずは受診をしてくださいね。

編集部

アレルギー図鑑編集部です。
編集メンバーのほぼ全員がアレルギー保有者。花粉症や、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーによる蕁麻疹や肌荒れなど、様々なアレルギー症状に日々向き合いながら暮らしています。生活スタイルに合わせた無理のないアレルギー解決をモットーに、皆さんのアレルギー解決に役立つ情報を発信していきます。