エアコンとアレルギーの密接な関係 ! !

 

エアコンのお手入れ、していますか?

もし原因不明のアレルギー症状に悩まされているのなら、それはエアコンが関係しているのかもしれません。

例えば、鼻水、咳、目のかゆみなどが代表的な症状。これを「風邪かな?」と放置しておくと、喘息や肺炎など深刻な症状をもたらすことがあるので注意が必要です。

エアコンが汚れているとカビやダニが空気中に舞う

エアコンのカバーを開けたとき、フィルターのあまりの汚れに唖然とした経験はありませんか。

エアコンの内部は、私たちが想像する以上にアレルギーの原因物質(アレルゲン)の温床となっています。目に見えやすい箇所でさえそうなのですから、奥のファンなどの汚れは予想を遥かに超えるものでしょう。ホコリはもちろんのこと、特に気になるのがカビ。カビを吸い込み続けることでアレルギーを発症する方は、決して珍しくないのです。

実はエアコンの内側は、カビにとって非常に心地よい環境。カビが好む湿度に保たれているうえ、ホコリなどカビの「エサ」も豊富です。エアコン内で繁殖したカビは、エアコンから噴き出す時の風と共に室内に舞います。これこそが、アレルギーの原因。もしエアコンを長らく掃除していなかったり、吹く風から異臭がする場合は、カビの増殖を疑ったほうが良いでしょう。

エアコンのお手入れは業者に依頼

エアコンを掃除するためのアイテムは、ホームセンターなどに売っています。

しかし、奥まではびこるカビを根本的に除去することは、残念ながら私たち個人では不可能。

エアコンによっては内部清掃機能がついているものや、スプレーをして汚れにアプローチするクリーナーなどがありますが、それらで対処できるのはあくまで表面的な部分のみ。何年も前から蓄積された頑固なカビやホコリは、簡単には取り除けないのです。

せっかく毎日部屋をきれいに掃除していても、健康に気を遣った食事をしていても、充満する空気そのものが「害」であっては本末転倒。根本的な原因そのものを除去しなければ、本当の意味で「きれいな空気」を吸うことはできないのです。

エアコンのクリーニング専門業者に依頼すれば、手の届かない場所のカビまで徹底的にきれいにしてくれます。新品のエアコンを購入したとしても、油断は禁物。年1回は業者にクリーニングを頼むなど、きれいな空気で快適に過ごしましょう。

自分でできるエアコンのカビ予防法

エアコン内部のカビ退治には、年1回のクリーニングが効果的であることをお伝えいたしました。

しかしこれは、「年1回だけクリーニングをすれば後は何もしなくて良い」というわけではありません。

カビを100%発生させないことは不可能だとしても、できるだけカビの発生量を抑えるためには日常的な予防策が必須。ぜひ2週間に1回程度、エアコンのフィルターを掃除することを習慣づけましょう。カビのエサとなるホコリが少なければ、それだけカビは抑制できます。フィルターを水洗いしてホコリをきれいに除去し、しっかりと乾かした後に再度取り付けてください。

またエアコンをOFFにする前に、1~2時間くらい送風運転をすることもおすすめです。風を送ることでエアコン内部が乾燥するので、カビにとっては繁殖しにくい環境となるでしょう。特に暑い時期に冷房運転をしていると、エアコンの内部では水滴が発生し湿気がこもっている状態に。このままOFFにしてしまうと、カビが大量に発生する原因になるのでお気を付けください。

エアコンのカビをできるだけ吸い込まないために

いくらきれいに清掃をしても、カビは少しずつまた増殖します。

例えば、具合が悪くて体が弱っているときにカビを大量に吸い込むと、さらに容体が悪化することもあるので注意が必要です。

少しでもエアコンからのカビを吸い込まないためには、できるだけエアコンの風に直接当たらないようにしましょう。暑いとエアコンの風を全身に浴びたくなりますが、エアコンから出る風にはカビの胞子が多く含まれています。空気中に舞う前の濃い濃度の状態で吸い込んでしまうのは、やはり体に良くありません。風向きを調節するなど、できるだけ直撃は避けてくださいね。

~まとめ~

地球温暖化が叫ばれる現在、私たちにとってエアコンはなくてはならない存在です。しかし適切な手入れをしないと、むしろ体にとって害を及ぼしかねないのでご注意ください。

年1回のクリーニングと共に、2週間に1度のペースでフィルターを掃除することもお忘れなく。

エアコンを正しく使って、健康で快適な毎日を過ごしていきましょう!

編集部

アレルギー図鑑編集部です。
編集メンバーのほぼ全員がアレルギー保有者。花粉症や、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーによる蕁麻疹や肌荒れなど、様々なアレルギー症状に日々向き合いながら暮らしています。生活スタイルに合わせた無理のないアレルギー解決をモットーに、皆さんのアレルギー解決に役立つ情報を発信していきます。