耳や頭皮がかゆい時のシャンプーの選び方

 

毎日しっかりシャンプーしているはずなのに、耳や頭皮がかゆい…そんなときは、一度使っているシャンプーを見直してみましょう。耳や頭皮が、かゆいと感じる原因はいくつかあり、その原因ごとに適したシャンプーが異なります。この記事では耳や頭皮のかゆみの原因別に、正しいシャンプーの選び方を解説します。

耳や頭皮のかゆみの原因

まずは耳や頭皮のかゆみの原因を見ていきましょう。

頭皮の汚れ

頭皮に不要なヘアワックス、皮脂、フケなどの汚れが残っていると、これが毛穴につまってかゆみを引き起こします。さらに頭皮が汚れている場合は、匂いの原因にもなります。毎日シャンプーしているのに頭皮がベタベタする、匂いが気になるという人は、頭皮の汚れが、かゆみの原因かもしれません。このタイプだと思った方は、シャンプーをしっかり泡立てて洗う、十分にすすぐなど洗い方も一度見直してみるとよいでしょう。

頭皮の乾燥

肌の表面には角質層があり、乾燥や紫外線などのダメージから肌の内部を守る役割があります。しかし頭皮が乾燥すると肌のターンオーバーが早くなり、未熟な角質が剥がれ落ちてフケとなり、これがかゆみを引き起こします。カサカサしたフケがよく出る人、乾燥肌の人は頭皮の乾燥がかゆみの原因である可能性があります。また頭皮の乾燥はドライヤーのしすぎ、エアコンなど頭皮が乾燥しやすい環境にいるなども要因の一つです。頭皮の乾燥を招きやすい環境になっていないか確認しましょう。

肌のバリア機能の低下

頭皮の乾燥とも関連していますが、肌に潤いがない状態や血行不良により頭皮の細胞に栄養が行き届かない状態だと、角質の持つバリア機能が低下します。すると肌の内部は乾燥や紫外線などのダメージを受けやすくなり、刺激に対して敏感になってしまいます。生活が不規則な人、冷え性の人などはこのタイプの可能性があります。

【原因別】おすすめシャンプーの選び方

耳や頭皮のかゆみの原因がわかったら、それに対処するための適切なシャンプーを選びましょう。ここからはかゆみの原因別に、おすすめのシャンプーの選び方について解説します。

頭皮の汚れが原因なら、洗浄力の高いシャンプーを選ぶ

シャンプーの洗浄力は、シャンプーが持つpHと関係しています。pHは物質の酸性・アルカリ性を決める指標で、pH7.0が中性です。それよりもpHが低ければ酸性、pHが高ければアルカリ性となります。pHの高いアルカリ系のシャンプーほど洗浄力が高いですが、一方で肌の正常なpHは4.5~6であり、これが中性やアルカリ性に近づくとかゆみを引き起こすことがあります。洗浄力とpHのバランスを考えると、洗浄力をキープしながら酸性にコントロールされている「アミノ酸系シャンプー」がよいでしょう。アミノ酸系シャンプーに含まれる成分には、以下のようなものが挙げられます。

・ココイルメチルタウリンNa

・ココイルメチルアラニンNa

・ラウロイルグルタミン酸Na

上記の例はごく一部で、成分表示に「ココイル○○」「ウラロイル○○」などの接頭語があれば、アミノ酸系シャンプーと呼ばれることが多いです。ただし、これらが入っていたとしても、他に占める成分の割合によってアミノ酸系シャンプーとは言えない商品もあるので、気にされる方は購入前にお店の方に確認してみて下さい。

頭皮の乾燥が原因なら、保湿効果に優れたシャンプーを選ぶ

頭皮の乾燥には、保湿ケアが重要です。頭皮の乾燥によりかゆい場合は、保湿効果が高いシャンプーを選びましょう。シャンプーに含まれる保湿成分には、主に以下のようなものがあります。

・アルギニン

・BG

・グリセリン

こちらも成分表示で確認してみましょう。私も頭皮が乾燥しやすいので、保湿効果が高いシャンプーを使ってケアしています。

肌のバリア機能が低下しているなら、低刺激または血行促進効果のあるシャンプーを選ぶ

肌のバリア機能が低下している場合は、刺激が強い成分は避けましょう。シャンプーに含まれている刺激の強い成分には、以下のようなものがあります。

・ラウリル硫酸Na

・ベンジルアルコール

・イソプロパノール

頭皮が敏感になっているときは、これらの成分を含むシャンプーは極力避けましょう。また血行促進効果のある成分には、以下のようなものが挙げられます。

・ショウガ根エキス

・チンピエキス

・ヒオウギ抽出液

これらの成分は育毛剤にも配合されており、血行促進により頭皮や髪に栄養を与え、いきいきとした毛髪を育てます。

頭皮がかゆいのはアレルギー?

特定のシャンプーを使うとかゆいという人は、アレルギーの可能性もあります。シャンプーの成分や添加物などに対してアレルギー反応が出ていることも考えられます。シャンプーを変えてもかゆみが治まらなかったり、フケや湿疹などが生じてきた人は皮膚科でアレルギー検査をしてもらいましょう。

~まとめ~

毎日シャンプーしているのに耳や頭皮がかゆい場合は、汚れ、乾燥、バリア機能の低下などの原因が考えられます。かゆみの原因ごとに適したシャンプーは異なるので、シャンプーに入っている成分を確認しながらシャンプーを選ぶとよいでしょう。

編集部

アレルギー図鑑編集部です。
編集メンバーのほぼ全員がアレルギー保有者。花粉症や、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーによる蕁麻疹や肌荒れなど、様々なアレルギー症状に日々向き合いながら暮らしています。生活スタイルに合わせた無理のないアレルギー解決をモットーに、皆さんのアレルギー解決に役立つ情報を発信していきます。