安心・安全◎オススメの添加物少なめのコンビニ食4選

 

快適なライフスタイルを送るために欠かせないコンビニには、添加物が使われた食品が多く販売されていると、そんなイメージをたくさんの方がお持ちなのではないでしょうか?

意外に知られていないのですが、コンビニには添加物の使用が少なく、毎日の健康や美容を意識しながら摂取できる食品が豊富にラインナップされています。

今回は、そんな便利なコンビニ食で豊かな日々の生活を送るため、添加物の少ないオススメのコンビニ食5選をずらりと集めてご紹介しましょう!

セブンイレブン・金の食パン

コンビニで販売されているパンや菓子パン、食事パンなどには、乳化剤やイーストフード、マーガリンや増粘多糖類などの添加物が含まれていることが一般的。

カラダやお肌、ときにはココロのコンディションにまで悪い影響を与えてしまう添加物ですが、セブンイレブンから誕生した金の食パンは、無添加食パンとして、小さなお子さまからご高齢の方までが安心・安全に食べることができます。

無添加食パンの金の食パンは、以前はマーガリンを使っていたのですが、2015年2月に商品改良がなされ、マーガリンの使用をなくし、代わりにバターの使用量を増やすことで、安全性と風味の深さをより一層UPさせているんですよ。

ハーゲンダッツ

わたしたちの大好きなスイーツ、アイスには、とても多くの添加物が使われているイメージを持ってしまいますよね。

増粘多糖類や、安定剤、パーム油やトランス脂肪酸、着色料などが使われることの多いアイスクリームですが、ハーゲンダッツの場合は、これらの添加物を一切使用していないんです。

どのコンビニにも必ずといっていいほど販売されているハーゲンダッツは、品質の安全性や豊かなフレーバー、奥深い香りがそのままに活かせる、少ない原材料でシンプルに作られているため、一般的なアイスクリームを食べるよりもずっと安全といえるでしょう。

明治ミルクチョコレート

今では人気が定着していて、コンビニでもリーズナブルに手軽に購入できる、明治ミルクチョコレート。

一般的なチョコレートには、乳化剤や植物性油脂が多く含まれているのですが、明治ミルクチョコレートは、唯一カカオマスベースとココアバターといった、自然界にもともと存在している原材料のみでつくられています。

また、コンビニでは、チョコレートシューや準チョコレートといった記載のある、加工食品のラインナップも多数あります。

このようなチョコレートの加工食品の場合は、ほとんどが植物性油脂がメインとして使われていたり、チョコレートの風味を味付けにするための添加物の使用も少なくはありません。

チョコレート本来の風味や味わいの深さを楽しむためには、添加物の少ない商品を選んだり、コンビニで販売されていることの多い、海外製の高価なチョコレートも添加物の使用が少ないといわれているため、こちらもオススメですよ。

ファミリーマートの炙り焼きたらこ

OLやサラリーマンにとってのコンビニ常備食になることが多いおにぎりにも、添加物の少ない商品がラインナップされています。

ツナマヨや明太子マヨネーズといったおにぎりには、亜硝酸ナトリウムがとても多く使われています。

亜硝酸ナトリウムは、化学反応によって、発がん性のあるニトロソアミン類に変化してしまう心配なリスクがあるため、できることなら摂取しない方が賢い対処法といえます。

そんな中でも、ファミリーマートで人気の炙り焼きたらこは、亜硝酸ナトリウムが添加されていない、自然なままのたらこを使っているため、安心・美味しく食べることができます。

~おわりに~

コンビニで手軽に買える、添加物が少ない安心のオススメ食、参考になりましたか?

お伝えしたような添加物使用のポイントにフォーカスを当てるだけで、健康への意識がグンと高まり、毎日をさらに豊かに、充実して過ごすことができそうですね。

コンビニを賢く上手に利用するために、次回のお買い物では添加物の内容にフォーカスを当て、安心・満足できる食生活を叶えていきましょう◎

編集部

アレルギー図鑑編集部です。
編集メンバーのほぼ全員がアレルギー保有者。花粉症や、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーによる蕁麻疹や肌荒れなど、様々なアレルギー症状に日々向き合いながら暮らしています。生活スタイルに合わせた無理のないアレルギー解決をモットーに、皆さんのアレルギー解決に役立つ情報を発信していきます。