小麦アレルギーの子供が喜ぶ朝ごはんTOP5

 

子供が元気に1日を過ごすのに欠かせないのが、健康的な朝ごはんです。ところが小麦アレルギーを持つの子供は、食パンや麺類など食べられないものが多すぎて、メニューを考えるのも一苦労です。しかも子供は飽きっぽいので同じメニューが続くと朝ごはんを食べなくなってしまいます。そこで小麦アレルギーを持つ私の子どもにも好評だった朝ごはんTOP5をご紹介します。

第5位 米粉の蒸しパン

子供に小麦アレルギーがあると、どうしてもお米中心の朝ごはんになります。しかし、それでは飽きてしまったり、どうしてもパンが食べたいという子供を持つの方にオススメしたいのが、米粉で作る蒸しパンです。小麦アレルギーがあっても米粉で作ったパンなら食べることが出来ます。ホームベーカリーで作る米粉パンとは違い、蒸すだけなので簡単で時間もかからない手軽なメニューです。

<材料>直径5cmカップ8~10個分
A
米粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ⅔
砂糖 35g

バナナ 約50g
・お好みでさつまいも、じゃがいも、かぼちゃでもOK
水 1/2カップ
・無調整豆乳でもOK
レモン汁 大さじ1 1/3
ココナッツミルク 大さじ2

作り方
1.カップにクッキングシートを敷いてはみ出た部分をハサミで切る。
2.大きなボウルにAを加え、ベーキングパウダーが固まらないように泡立て器やヘラでよく混ぜる。
3.Bをフードプロセッサーにかけて、なめらかになったら2に加えて、ヘラでよく混ぜる。
4.残りのバナナを1cm角に切り、3に混ぜ込む。
5.1のカップに4を入れ、蒸気が上がった蒸し器に並べ、強火で10分蒸して完成。

第4位 切り干し大根とツナのサラダ

忙しい朝は作り置き出来るメニューを加えると便利です。切り干し大根には子供が不足しがちなカルシウムと食物繊維を豊富に含んでいます。ツナにはたんぱく質とビタミンB群、日本人が不足しがちなDHA、EPAなどの栄養素がバランス良く含まれています。魚嫌いの子供もツナなら食べてくれるでしょう。

<材料>2人分
切り干し大根 20g
ツナ(水煮缶詰) 3/4缶(50g)

A
しょうゆ 大さじ3/4
塩 少々
酢 大さじ3/4
ごま油 大さじ1 1/2

サニーレタス 適宜

作り方
1.切り干し大根を水で戻し、水気を軽く切ったら食べやすい大きさに切る。
2.ツナは汁気を切り、食べやすいようにほぐしておく。
3.ボウルにAを入れ、1と2を加える。
4.器にサニーレタスを敷き、3を盛り付けて完成。

第3位 鶏そぼろ丼

小麦アレルギーがあるとパンや麺類を食べる機会が限られてしまいますから、お米をしっかり食べさせたいところです。ところが私の子供は、白いご飯が苦手で、メニューを考えるのも一苦労です。私と同じ悩みを持つ方におすすめなのが甘辛く味付けした鶏そぼろ丼です。鶏肉は低脂肪・高タンパク質でたくさん食べても太りにくいのが魅力です。鶏そばろは冷蔵庫で2日間、冷凍すると7日間保存できるため、作り置きが可能です。

<材料>
A
出汁 1カップ
しょうが汁 小さじ1
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ2

鶏ひき肉 200g
・豚挽き肉や合挽き肉でもOK
さやいんげん 適宜

作り方
1.さやいんげんを茹でて、斜め薄切りにする。
2.小さな鍋にAを入れ、鶏挽き肉を加えて火にかける。
3.鶏挽き肉が鍋底にこびりつかないようによく混ぜながら、ポロポロになるまで煮詰める。
汁気がなくなってきたら火を止める。
4.3を白いご飯に盛り、その上にさやいんげんを彩りよく乗せて完成。

第2位 トマトと雑穀のスープ

朝は温かいメニューで体温を上げたいものです。トマトにはビタミンCが豊富に含まれているため子供の風邪予防に最適です。また、玉ねぎには、腸内環境を整えるくれるオリゴ糖が多く含まれています。キヌアはスーパーフードとして知られる雑穀で、タンパク質、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。

<材料>2人分
キヌア 大さじ3
・きび、あわ、ひえなどの雑穀でもOK
玉ねぎ 1/4個
にんにく 1かけ
トマト 大1個
オリーブオイル 大さじ1/2
コンソメ 小さじ1
アレルギー対応(特定原材料不使用のコンソメ)のものを選びましょう
水 1.5カップ
塩、こしょう 少々

作り方
1.キヌアは茶こしなどの目の細かいザルでよく洗い、ひたひたの水に30分以上浸けておく。
2.トマトはヘタを取り、縦半分に切り、一口大の乱切りにする。
3.ニンニクは、皮を剥いて薄切りにする。
4.鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火で炒め、香りが出てきたら玉ねぎを加えて透き通るまで炒める。
5.キヌアの水を切り、4に加えて軽く混ぜる。そこに水とコンソメを加え強火にかける。
煮立ったら弱火にし、ときどき混ぜながら15分ほど煮る。
6.トマトを加えてさっと火を通したら、塩、こしょうで味を整えて完成。

第1位 にんじんパンケーキ

子供に大人気の朝食メニューと言えばパンケーキです。きび粉もしくはひえ粉を使ったパンケーキなら小麦アレルギーをお持ちの子どもでも食べることができます。プレーンなパンケーキでも構いませんが、是非にんじんを加えましょう。にんじんには免疫力を高めてくれるβ-カロテン、風邪予防に効果的なビタミンCが豊富に含まれています。私の子供はにんじん嫌いですが、このパンケーキはにんじんの形や味が気にならないと好評です。

<材料>2人分
A
きび粉 1カップ
・ひえ粉などでもOK
砂糖 小さじ2
塩 少々

100%にんじんジュース 1カップ
油 小さじ2
お好みでメープルシロップ、ジャム 適宜

作り方
1.ボウルにAを入れて、にんじんジュースを加え、泡立て器でよく混ぜて5分ほどおく。
2.フライパンを中火にかけ油を加えて熱し、直径4~5cmほどの大きさになるように生地を流し込む。
3.焦げないように弱火にして、両面を焼いて完成。

以上、これで小麦アレルギーの子供も喜ぶでしょう。是非作ってみてください!

編集部

アレルギー図鑑編集部です。
編集メンバーのほぼ全員がアレルギー保有者。花粉症や、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーによる蕁麻疹や肌荒れなど、様々なアレルギー症状に日々向き合いながら暮らしています。生活スタイルに合わせた無理のないアレルギー解決をモットーに、皆さんのアレルギー解決に役立つ情報を発信していきます。