今日から見直す食事で花粉症対策!?

 

近年、花粉症には多くの人が悩まされています。

くしゃみ、目のかゆみ、頭痛などの不快症状が毎日の食事に気をつけることで軽減できるとしたら、一体どんなものでしょう?

 

花粉症のメカニズム

花粉症は花粉に対し人体が反応して起こすアレルギー反応です。

人間の体の持つ免疫が花粉に過剰に反応し、ヒスタミンという物質が放出されることでくしゃみ、鼻水、涙などの症状が出ます。

 

花粉症と食事の関係

花粉症は体の免疫が過剰反応して起こりますが、人間の免疫機能の大部分は腸に関係があると言われています。

善玉菌を増やし育てる食事を習慣づけることで腸内環境が整うと、免疫力があがり、花粉症などのアレルギー反応を軽減できると考えられます。

 

花粉症対策に良い食事 

花粉症対策に良い食事の特徴として、腸内環境を整える発酵食品や食物繊維の多い食品が挙げられます。

根菜をたっぷり使ったお味噌汁やぬか漬け、納豆など日常にとりいれやすい和食がおすすめです。

ビタミンACEを多く含み抗酸化作用の高い食品も積極的に摂りたい食品です。ビタミンAは緑黄色野菜やレバー、ビタミンCはいちごやキウイフルーツ、ビタミンEはナッツ類やうなぎは、それぞれの栄養素を含む代表的な食べ物です。

 

花粉症対策に控えたい食事 

花粉症を悪化させないために控えたい食事の特徴は、動物性油の多い食事です。

鶏肉のモモや手羽、牛・豚肉のロースやバラなど脂肪分が多い部位は避け、鶏肉はささみ、牛・豚肉はモモやヒレの脂肪分が少ない部位を選びましょう

砂糖を多く含むお菓子やジュース、ファーストフードやレトルト食品などの加工食品も食べ過ぎは控えましょう。

またアルコールやタバコも血行や血流を乱し、鼻づまりなどの症状を悪化させる可能性があります。特に花粉症の症状が重いときには一時的に摂取を控え、回復してから適度な量を楽しみましょう。

 

食事は健康維持のために日々の生活で大切な役割を占めています。

「食べたものが体をつくる」と言われるとおり身体的健康のほか、食事場所や相手などから得られる精神的健康にも関係しています。時々は自分の状態をチェックし、無理のない選択ができる知識を身につけることが心身の健康につながっているかもしれません。

 

まとめ 

   花粉症は花粉に対する免疫反応

   腸内環境を整え免疫力を上げる

   発酵食品、食物繊維やビタミンACEを多く含む食品を摂る

   脂肪の多い肉類、砂糖、加工品を避け、アルコールやタバコを控える

編集部

アレルギー図鑑編集部です。
編集メンバーのほぼ全員がアレルギー保有者。花粉症や、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーによる蕁麻疹や肌荒れなど、様々なアレルギー症状に日々向き合いながら暮らしています。生活スタイルに合わせた無理のないアレルギー解決をモットーに、皆さんのアレルギー解決に役立つ情報を発信していきます。