あなたが気づいていない玉ねぎアレルギー!?

   2020/05/15

玉ねぎと言えば、健康情報の特集には欠かせない存在。

「血液サラサラ」「ダイエットに効果的」などと謳われ、食べるのを推奨されるヘルシーなイメージですよね。

そんな玉ねぎでアレルギーを起こす可能性があるなんて、にわかには信じられないかもしれません。

でも、もしかすると、あなたも知らないうちに玉ねぎアレルギーになってしまっているかもしれません!?

玉ねぎアレルギーの特徴

玉ねぎアレルギーは、生の玉ねぎを食べた場合に起こると言われていますが、生の玉ねぎに触れただけでもアレルギーを引き起こすことがあります。

玉ねぎの他、長ネギや白ネギなども、玉ねぎアレルギーと同様のアレルギーを引き起こす場合があります。

玉ねぎアレルギーの症状

玉ねぎを食べると「かゆみ、蕁麻疹、下痢、頭痛、喉のイガイガ感、肌荒れ、腹痛、吐き気」などのアレルギー症状を引き起こすことがあります。

玉ねぎアレルギーの原因

玉ねぎアレルギーは、「硫酸アリル」という成分がアレルギーの原因物質(以下、アレルゲン)です。
この成分は、辛味の成分でもあり、ユリ科ネギ属の食品に含まれます。
硫酸アリルは、血圧や血糖値を下げ、血中コレステロールの濃度を低下させる効能があるために「血液さらさらにする成分」として知られています。

また、「硫酸アリル」の他にも「二硫化アリル」、「アリシン」、「硫化プロピル」がアレルゲンとなることもあります。

玉ねぎアレルギーの対策

硫酸アリルが原因の場合、玉ねぎを加熱することにより、硫酸アリルが別の物質に変わるためアレルギー症状は出ません。
一方で、「二硫化アリル」が原因の場合、加熱しても二硫化アリルはそのまま残るのでアレルギー症状を引き起こすこととなります。

重度の玉ねぎアレルギーをお持ちの方は、玉ねぎを触らない、生玉ねぎを食べないなど、極力摂取を控えるようにしましょう。

玉ねぎだけでなく、長ネギや白ネギ、アサツキ、にんにく、ニラ、らっきょうなどにもアレルギー反応を示すこともありえるため、自分がどの食材にアレルギーがあるかを把握しておきましょう。

また、外食時には玉ねぎアレルギーであることをお店の人に伝え、選ぶメニューの相談をお勧めします。

まとめ

・ 玉ねぎアレルギーは「かゆみ、蕁麻疹、下痢、頭痛、喉のイガイガ感、肌荒れ、腹痛、吐き気」などの症状が現れる

・玉ねぎアレルギーの原因は、玉ねぎに含まれる「硫酸アリル」が主要なアレルゲンである

・アレルゲンは、「硫酸アリル」の他に「二硫化アリル」、「アリシン」、「硫化プロピル」がある

・玉ねぎアレルギーは、玉ねぎの他、長ネギや白ネギ、アサツキ、にんにく、ニラ、らっきょうなどにもアレルギー症状が出ることがある

・重度の玉ねぎアレルギーの人は、玉ねぎを触らない、玉ねぎを食べないなど、極力摂取を控えること

【ウィルスからあなたを守る】

免疫機能を調整するとされるビタミンD。 
「アレルグッド」は、日本で市販される中では、最高濃度のビタミンDを配合したサプリです。
(通常の約4倍のビタミンD配合!!!!)
体への負担の少ないサプリメントで、免疫機能を改善しましょう!
今なら1個から送料無料でお届けします!

●【送料無料】公式サイトでの購入はこちら  
https://www.thehealthcaremall.jp/items/16406294

●【送料無料】Amazonでの購入はこちら
www.amazon.co.jp/dp/B07PGYFFT4

●【送料無料】楽天市場での購入はこちら 
https://item.rakuten.co.jp/maeda-ph/c/0000000101/


林 麻子

ライフスタイル・アドバイザー / フードスタイリスト

幸せな人生を送り続けるためのライフスタイルを探求。食を中心とした生活の周辺について提案しています。

菌美女/ファスティングマイスター/シードマイスター/アロマセラピスト