唇が腫れる。喉が痛い!パイナップルアレルギーとは!?

   2020/05/15

以前、パイナップルダイエットが流行したことがあります。
パイナップルが持っている酵素が、食べた物の消化吸収を助けることにより、ダイエットに大きな効果を与えてくれるということで有名です。

しかし、パイナップルを食べると唇が腫れる、口の中や喉が痛くなる、そんな経験はないでしょうか?
それはパイナップルによるアレルギー症状かもしれません。

パイナップルアレルギーの特徴

パイナップルを食べたことにより、アレルギー症状が発症することがあります。
これを「口腔アレルギー症候群」といいます。

花粉症を持っている方や、ゴムアレルギーを持っている場合パイナップルアレルギーを引き起こしやすくなるので注意が必要です。

パイナップルアレルギーの症状

パイナップルアレルギーは、ほとんどの場合が、症状がすぐに出る即時型アレルギー(食後すぐ~6時間の間)で、「口、唇、喉などの痒み」などが現れます。
ひどくなると「蕁麻疹、喘息、胃痛、吐き気、下痢」などの症状が起こります。

また、稀にアナフィラキシーショックが起こる可能性があり、呼吸困難・低血圧・意識を失う症状が出る場合もありますので、呼吸が苦しくなる、めまいがするなどの症状が出た場合は、すぐに病院で診察と治療を受けることをオススメします。

パイナップルアレルギーの原因

パイナップルアレルギーは、生のパイナップルに含まれるタンパク質が原因物質(以下、アレルゲン)で、これによりアレルギー反応が生じます。

間違いやすいのは、パイナップルは、「ブロメライン」という酵素を含んでおり、そのため、パイナップルを食べた時、ピリピリと感じてしまうことがありますが、この舌がピリピリ感じることは、アレルギー反応ではありません。(特に人体に影響はありません)

喉の痛み、蕁麻疹、喘息、胃痛、吐き気、下痢など、舌以外に不調が出てきた場合、アレルギー反応の恐れがありますので、すぐに病院で診察と治療を受けることをオススメします。

パイナップルアレルギーの対策

1番の対策としては、パイナップルを食べないことです。

特に花粉症を持っている方、ゴムアレルギーを持っている方はパイナップルアレルギーの症状が出やすくなるので、パイナップルの摂取を極力少なくしましょう。

まとめ

・ パイナップルアレルギーは、口、唇、喉などの痒み、ひどくなると、蕁麻疹、喘息、胃痛、吐き気、下痢などの症状や、稀にアナフィラキシーショックを起こす可能性があるため、注意が必要

・ 舌がピリピリと感じてしまう現象は、アレルギー反応ではない

・花粉症を持っている方や、ゴムアレルギーを持っている方は、口腔アレルギー症候群を引き起こしやすくなる

【ウィルスからあなたを守る】

免疫機能を調整するとされるビタミンD。 
「アレルグッド」は、日本で市販される中では、最高濃度のビタミンDを配合したサプリです。
(通常の約4倍のビタミンD配合!!!!)
体への負担の少ないサプリメントで、免疫機能を改善しましょう!
今なら1個から送料無料でお届けします!

●【送料無料】公式サイトでの購入はこちら  
https://www.thehealthcaremall.jp/items/16406294

●【送料無料】Amazonでの購入はこちら
www.amazon.co.jp/dp/B07PGYFFT4

●【送料無料】楽天市場での購入はこちら 
https://item.rakuten.co.jp/maeda-ph/c/0000000101/


編集部

アレルギー図鑑編集部です。
編集メンバーのほぼ全員がアレルギー保有者。花粉症や、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーによる蕁麻疹や肌荒れなど、様々なアレルギー症状に日々向き合いながら暮らしています。生活スタイルに合わせた無理のないアレルギー解決をモットーに、皆さんのアレルギー解決に役立つ情報を発信していきます。