その体調不良、小麦アレルギーが原因かも!? 

 

パンやピザ、パスタやラーメン、カレー、うどん、クッキーなど、私達の毎日の生活には小麦製品が欠かせません。

美味しく食べているのにもかかわらず、食後に体調不良を感じることはありませんか?

もしかすると、それは小麦アレルギーかもしれません!?

小麦アレルギーの特徴

小麦アレルギーは、小麦製品を過剰摂取することで発症すると言われています。

1日に自分がどのくらいの量の小麦を摂っているか、ご存知でしょうか?

パン、パスタ、うどん、ラーメン、お好み焼き、など小麦を使った料理の代表例のほか、蕎麦のつなぎ、カレーやシチューのルウ、ソース、てんぷらやフライなどの揚げ物、お麩、ハムやソーセージなどの加工肉食品、ビールにも小麦は使用されています。

小麦アレルギーの症状

小麦アレルギーを発症すると、小麦製品を食べたり、麦畑に入って直接小麦を触ったり、粉末となった小麦を吸ったりすることで、頭痛、咳、腹痛、下痢、蕁麻疹」など症状が出ることがあります。

即時型の小麦アレルギーの場合、食後すぐ~6時間の間に発症し、深刻になるとアナフィラキシーが起こる可能性があり、呼吸困難低血圧意識を失う症状が出る場合もありますので、すぐに病院で診察と治療を受けることをオススメします。

遅延型の小麦アレルギーの場合、6時間~48時間程で発症し、これらは、風邪や体調不良と混同され、原因がアレルギーであることに気づきにくいことが多々あります。
上記の様な症状に、慢性的にお悩みの方は、遅延型アレルギーの可能性があるので、一度、内科やアレルギー科での、アレルギー検査(血液検査)をオススメします。

小麦アレルギーの原因

小麦には、「グリアジン」「グルテニン」というタンパク質が含まれます。

これらを一定以上の量を摂取すると、アレルギーの原因物質(以下、アレルゲン)となり、アレルギー反応を引き起こします。

小麦アレルギーの対策

全ての小麦製品を避けるのは難しいので、無理をしてストレスをためては逆効果です。
まずは代用品を上手に利用し、小麦製品を少しずつ控えることから試してみて下さい。

例えば、小麦粉を米粉やコーンミールに代用、パスタやうどんの製品にもグルテンフリーの物が増えていますし、蕎麦は十割にすれば問題ありません。

小麦は、味噌や醤油の原料としても使われていますが、これら発酵食品は製造の過程でタンパク質の分解が行われ、アレルギーを引き起こす原因にはならないと言われています。
ですが、個々の症状に合わせて、原材料に小麦を含まない商品も販売されていますので、心配であれば、そちらを選ぶと良いでしょう。

石鹸や化粧品には、小麦由来の成分が含まれていることがあります。
その場合、皮膚や粘膜から摂取し、アレルギー反応を引き起こす可能性がありますので、忘れずに原材料をチェックしましょう。

小麦製品を摂取すると体調に変化や不調を感じるという方は、まずはクリニック等でのアレルギー検査を行い、自分にどのようなアレルギーがあるかを知り、アレルゲンに触れる機会を無くすことが大切です。

まとめ

・ 小麦アレルギーは、小麦製品を過剰摂取することで発症する

・ 「頭痛、咳、腹痛、下痢、蕁麻疹」などの症状は、即時型と遅延型があり、即時型の場合、アナフィラキシーショックを起こす可能性がある

・ 小麦アレルギーの原因物質は、「グリアジン」「グルテニン」というタンパク質である

・ 小麦は、麺類、お菓子、加工食品を含む多くの食品に用いられているため、小麦アレルギーの方は、注意が必要

・ 化粧品にも小麦由来成分が含まれているため、原材料のチェックが必要

【ウィルスからあなたを守る】

免疫機能を調整するとされるビタミンD。 
「アレルグッド」は、日本で市販される中では、最高濃度のビタミンDを配合したサプリです。
(通常の約4倍のビタミンD配合!!!!)
体への負担の少ないサプリメントで、免疫機能を改善しましょう!
今なら1個から送料無料でお届けします!

●【送料無料】公式サイトでの購入はこちら  
https://www.thehealthcaremall.jp/items/16406294

●【送料無料】Amazonでの購入はこちら
www.amazon.co.jp/dp/B07PGYFFT4

●【送料無料】楽天市場での購入はこちら 
https://item.rakuten.co.jp/maeda-ph/c/0000000101/


林 麻子

ライフスタイル・アドバイザー / フードスタイリスト

幸せな人生を送り続けるためのライフスタイルを探求。食を中心とした生活の周辺について提案しています。

菌美女/ファスティングマイスター/シードマイスター/アロマセラピスト