健康のためのはずが。。ゴマアレルギーとは?

   2017/10/11

近年では、健康志向の高まりや、美肌、アンチエイジングなどの観点から注目を集めているゴマ。
健康の為に良かれと思って摂取していたゴマが、実はアレルギーを引き起こすこともあります。

ゴマは、調味料や、ドレッシングマーガリンデザートなど、様々な姿に形を変え、知らないうちに摂取していることがあります。

今回は、ゴマアレルギーについてまとめてみました。

ゴマアレルギーの特徴

ゴマは、一度アレルギー発症すると、再発しやすい食品となっています。
また、皮膚に湿疹が出来やすい子供は、ゴマに対して慎重になるほうが良いでしょう。

ゴマアレルギーの症状

ゴマアレルギーの症状は、他の食品に対するアレルギー反応と同じく、体の一部もしくは全身に「かゆみ、蕁麻疹、湿疹、赤く腫れる」という症状が出ます。

ゴマアレルギーは、症状がすぐに出る即時型アレルギー(食後すぐ~6時間の間)の場合が多く、深刻になると「アナフィラキシーショック」が起こり、呼吸困難低血圧意識を失う症状が出る場合もありますので、すぐに病院で診察と治療を受けることをオススメします。

遅延型のアレルギー(症状が出るまでに、6時間~48時間程)では、「かゆみ、蕁麻疹、湿疹、倦怠感、疲れ」など、慢性的な疾患が出やすいと言われています。

上記の様な慢性的な疾患でお悩みの方は、遅延型のアレルギーの可能性があるので、一度、内科やアレルギー科での、アレルギー検査をオススメします。

ゴマアレルギーの原因

ゴマアレルギーの原因物質(以下、アレルゲン)は、「ビシリン」というたんぱく質です。

ゴマを摂取し、原因物質であるビシリンに免疫反応が起きた場合、その食材を体から排除しようとして、アレルギー症状を発症します。

ゴマアレルギーの対策

1番良いのは、即時型アレルギー症状の場合、アナフィラキシーショックを起こす可能性があるので、ゴマを食べないこと。

遅延型の場合でも、アレルギーが発症してから、約半年から1年は食べることを控え、その後も、極力、ゴマを食べない方が理想的です。

ゴマの食べ方は様々だと思いますが、食べ方により反応の程度も異なります。
そのままのゴマは一番アレルギー反応が弱く、ゴマ油、すりゴマの順番でアレルギー反応が強くなることが多いと言われています。

ゴマアレルギーの原因の、「ビシリン」というたんぱく質は、熱を加えてもアレルギー成分が無くならないのが特徴的で、またゴマアレルギーの方は、同じようなたんぱく質の構造を持つ、ピーナッツ、キウイフルーツ、ライ麦などにも注意が必要です。

ゴマは、調味料や、ドレッシングマーガリンデザートなど、様々な食品に含まれることが多いため、食品の成分表示をしっかりと確認し注意することが必要です。

まとめ

・ゴマアレルギーの原因は、「ビシリン」というたんぱく質であり、熱を加えても無くならない

・ゴマは様々な食材に含まれる為、食品の成分表記に注意する

・ゴマアレルギーは、即時型が多いので、アレルギー症状が出た場合は、アナフィラキシーのリスクを考え、病院での診察を早めに受ける

・ゴマアレルギーは一度発症すると、再発しやすい

・同じようなたんぱく質の構造を持つ、ピーナッツ、キウイフルーツ、ライ麦などにも注意が必要

【ウィルスからあなたを守る】

免疫機能を調整するとされるビタミンD。 
「アレルグッド」は、日本で市販される中では、最高濃度のビタミンDを配合したサプリです。
(通常の約4倍のビタミンD配合!!!!)
体への負担の少ないサプリメントで、免疫機能を改善しましょう!
今なら1個から送料無料でお届けします!

●【送料無料】公式サイトでの購入はこちら  
https://www.thehealthcaremall.jp/items/16406294

●【送料無料】Amazonでの購入はこちら
www.amazon.co.jp/dp/B07PGYFFT4

●【送料無料】楽天市場での購入はこちら 
https://item.rakuten.co.jp/maeda-ph/c/0000000101/


編集部

アレルギー図鑑編集部です。
編集メンバーのほぼ全員がアレルギー保有者。花粉症や、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーによる蕁麻疹や肌荒れなど、様々なアレルギー症状に日々向き合いながら暮らしています。生活スタイルに合わせた無理のないアレルギー解決をモットーに、皆さんのアレルギー解決に役立つ情報を発信していきます。